身体的精神的苦痛


慰謝料というものは普段私達は、なかなか体験・遭遇する機会のないものです。ただし、言葉だけなら頻繁に聞くことがあります。慰謝料とは、精神的苦痛に対する補償のことであり、なぜ頻繁に私達が聞く言葉なのかといえば、メディアでも頻繁に取り上げられているからであり、それは今後慰謝料を請求する、請求されるシーンと遭遇する確率が高いことを意味しているのではないでしょうか。

まず、法律のキーワードとしてしっかり理解しておかなければならない言葉のひとつが慰謝料と考えてください。交通事故被害に遭った場合、入通院に対する慰謝料と、後遺障害・死亡に対する慰謝料があります。入通院に対する慰謝料がどのようなものかといえば、交通事故被害によって痛い思いをしたり、入院したり、更に通院せざるを得ない状況となってしまった場合において精神的苦痛を受けたことに対しての補償です。

後遺障害の慰謝料とはあとあとに後遺症が残ってしまうために、今後の人生において大きな身体的苦痛を強いられる、更に精神的苦痛を強いられることに対しての補償です。更に死亡に対する慰謝料があり、生命、人生を奪われてしまったことに対しての慰謝料となり、そのような場合において、被害者本人だけではなく被害者の父や母、配偶者、子供といった近親者も精神的苦痛を受けることになります。

推奨サイト|交通事故被害者救済サイト
・・・交通事故被害の慰謝料に関する相談を無料で受けている法律事務所のサイトです。