慰謝料と向きあう


普段私達は慰謝料という言葉とは無関係の生活をしています。しかし、交通事故被害に遭ってしまうと、突然そのような言葉とも頻繁に遭遇することになります。日常生活は法律で作られていると言ってもいいのかもしれませんが、私達は普段直接的に法律と向きあっているという認識などなく生活をしているでしょう。

しかし交通事故被害に遭ってしまえば突然事態は大きく変化していろいろな法律のことを直接的に被害者は理解・解釈をしていかなければなりません。実際に交通事故被害に遭った人たちは交通事故自体はじめての体験で頭がパニック状態という人たちがほとんどでしょう。そのような精神で法律のことなど一から学ぶことが出来るのでしょうか。パニック状態だけでなく、すぐに加害者は保険会社との対応が迫られることになり、とてもいろいろな勉強をする時間もないのが現状です。

弁護士に依頼するというのもベストな選択なのかもしれませんが、あらかじめこのような法律のことを学んでおくというのも大事ではないでしょうか。交通事故被害は、いつか確率的に起こるものと考えてください。交通事故被害だけではありません。最近では離婚率もどんどん高まっていると言います。離婚のとき相手が離婚を拒否したりしてスムーズに進行しないことがあるかもしれません。そのようなシーンにおいも、突然私達はしっかり法律と向きあうことになります。既にお話しをしてますが、私達の日常生活は法律で作られているのです。何もないから素通りを今までして来ただけなのです。