いろいろ慰謝料


交通事故被害に遭ってしまう場合にも、多くのケースで慰謝料という問題と関わることになります。交通事故被害の場合、慰謝料のタイプを分類すれば入通院慰謝料と後遺障害慰謝料、死亡慰謝料となります。入通院慰謝料とは、怪我をしたことに対して支払いされる慰謝料のことです。 このケースの場合、入院や通院をしなかったら慰謝料は認められないの?という思いもありますが、実際にその通りであり、我慢して病院に行かなかったら損する結果となってしまうかもしれません。

怪我というものは二つとして同じものはないので、計算も非常にしにくい問題を抱えているため入通院期間によって決定する方法がここで取られることになります。後遺障害慰謝料は、交通事故被害で後遺症を負ってしまったケースにおいて支払いする慰謝料です。後遺障害の程度・等級を基準として慰謝料が決められていきます。

更に交通事故被害で支払いしなければならない慰謝料として死亡慰謝料があります。 事故によって死亡してしまったあと発生する慰謝料のことです。死んでしまったら慰謝料をもらっても意味がないのでは?と思う時はあるかもしれません。 死亡したあとの身体的・精神的補償とはなんなのでしょうか。疑問もあるかもしれませんが、もしも支払いがされなければ、傷害の場合とあまりに不平等である問題が起こることになります。そのような場合では慰謝料は相続人によって権利が行使されることになります。